でかいチンコは血流量が多い

でかいチンコは血流量が多いのです。これは風船をイメージすると分かりやすいはずです。風船に水を入れていき、最大まで入れていくととんでもない大きさまで大きくなるという事があります。この水にあたる物が血液で、この血液の量が多くなれば、チンコはでかい大きさになるという事です。
この血流は本能で操作されているので、どこまで大きくなるのかは、この操作されている本能の管理レベルによるという事になるのかもしれません。ですから、モノの大きさをきにする人もいるようですが、実はモノの大きさというのはほとんど意味が無いと言っても良いかも知れません。これは風船を見て、どこまで大きくなるのか予想が出来ないのと同じです。風船の最初の大きさと最後の大きさは無関係ではありませんが、最初の大きさの違いはそれほど意に介するレベルではないと考えて良いでしょう。ですから、増大サプリのようなもので血流量を多くするとびっくりするような大きさになるという事もあるわけで、これがモノを大きくしているというわけではなく、血流を操る事で大きさを変える事が出来るという事を物語っているという事が言えるでしょう。でっかい人は多くの血液がそこに集まっているという事です。